株式会社大龍金属 産業廃棄物
産業廃棄物処理場 株式会社大龍金属 産業廃棄物処理場 環境問題が国境を越えて語られるようになって久しくなります。資源のほとんどを海外に依存しているわが国ではゴミを廃棄物として処分するのではなく リサイクル資源として有効に再利用することが有力な手段として見直されています 。

一般生活においても快適で便利な生活への欲求はますます強くなり、したがてゴミ(廃棄物)はどんどん増えるばかりです。本来、自然からとりだされたさまざまの物質は時間とともに、自然に返るものであります。しかしながら人間は生活文化の向上のためにいろいろなものを作り出しました。それらいくつかは自然に同化するまでに数百年以上かかったり、 あるいは生命や自然環境に有害な影響を及ぼすものも多くあります。廃棄物の5割以上はリサイクル可能であるといわれています。再資源化を進めることは次世代への豊かな環境を求める我々の使命と考えます。

大龍金属では常に新しいテクノロジーに注目しながら、リサイクル処理、廃棄物処理の施設の改善に取り組んでいます。同時に、処理工程の中に手作業の工程をあえて導入するなど機械だけでは処理しきれない細かな心配りもシステムの中に織り込んでいます。

代表取締役社長 大野 三智雄


東京都大田区京浜島2丁目6番10号
大きな地図で見る
株式会社大龍金属 産業廃棄物処理場

2020/7/1 (水) 会社案内を更新しました。

2019/10/21 (月) 許認可一覧を更新しました。

2018/10/20 (水) 許認可一覧を更新しました。

2017/10/20 (金) 許認可一覧を更新しました。

2015/8/3 (月) 会社案内を更新しました。